電話代行サービスを導入すれば人件費削減が可能

営業を効率化するシステム

男性

多様な情報を一望のもとに

現在、ビジネスにおいてはあらゆる分野にIT化の波が及んでいますが、その影響が比較的小さいのが営業部門です。営業は担当者個人のスキルや創意工夫に任されている面が多分にありますし、これだけ電子コミュニケーションが発達した現代にあっても、いまだに「足で稼ぐ」伝統を色濃く残しています。しかし、そんな営業部門も、ITの力で情報管理を効率化すればさらなる業績向上を目指すことができます。それをアシストするのが、営業支援システムです。営業支援システムとは、顧客データや営業のプロセスを管理し、日々の営業活動をサポートするシステムです。複数の案件が同時進行している場合などは担当者本人でさえ情報が錯綜しがちとなりますが、営業支援システムを活用すればそれぞれの進捗状況を整理することができます。また、共通のフォーマットによる一元管理が可能になることで、組織のリーダーが全体の状況を把握したり、担当者同士が情報を交換したりするのが容易になります。営業支援システムには、顧客管理・案件管理・スケジュール管理・商品情報管理など多彩な機能が備わっています。担当者が営業日報を入力すると、データが蓄積され、これらの機能別に整理されます。そしてさまざまな角度からの可視化が可能になります。時系列に沿って交渉過程を追うこともできれば、過去の成功例やトラブル対応例等を検索することもできます。また、モバイルとの連動によって外出先からのスケジュール確認なども容易になります。