電話代行サービスを導入すれば人件費削減が可能

営業活動の活性化

スーツ姿の人達

どの企業でも、営業活動を行う時には、名刺の交換が行われており、それをいかに活用して営業活動を活性化していくのかということも課題になっています。この課題を解決する方法として、名刺をデータ化することが考えられており、実際に活用例も多くなってきています。データ化のメリットですが、先ず最初に営業担当が誰に会っているかということを、把握することが容易になるということです。特にターゲットになる企業に対して、複数のアプローチを考えている場合には、一人の営業担当だけではなく、他の担当の人脈も必要になることがあるためです。もちろん最新の顧客の情報を、名刺から把握しやすくなりますので、都度挨拶などを行いやすくなるのも、メリットとしてあげられます。次に気になるのは導入コストですが、単純にデータ化するだけのものであれば、一人当たりでも数万以下で導入できるようになってきています。ただし実際には営業支援システムなどと、連携することも多いので、導入していただいた業者に確認することを、まず最初に行うべきです。こうして導入した名刺のデータ化システムですが、各営業担当に名刺をデータ化する作業を義務付けるように、する仕組みも合わせて考えると良いです。これはこのシステムを導入するポイントが、まさしくデータ化にあるためで、導入説明会などを通じて、意義とメリットを説明すべきです。こうすることで、営業担当は名刺をデータ化し、結果としてデータベース化されることになるので、営業活動活性化の元ネタとして、利用できるようになるのです。